株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】


無線LANの対策


ネットワーク体系を変更せずに安価に最小限のLANセキュリティを確保したい…
通常LANの接続では、フロア、部署、グループ、机ごとに島HUBを置いて、パソコンは島HUBに接続するようになっています。
このような中、認証スイッチの占有モード(1ポート1PC)を利用すると島HUBを全て認証スイッチに変更する必要があり、大きな労力と多大なコストがかかってしまいます。

しかしネットワーク全体のセキュリティを強化するのではなく、セキュリティ強化したいポイントに認証スイッチの共有モードを利用することで、容易に安価にセキュリティを強化できます。その際、末端の島HUBはそのまま利用できます。
※認証スイッチを通過しないで、島HUB内で行う通信に関してはセキュリティ対象外になります。
ネットワークにあまり手を加えずにネットワークの一部分のセキュリティを強化したい!
安価にLANセキュリティを強化したい!
無線LANセキュリティを強化したい!
ネットワークの一部分のセキュリティ強化
セキュリティ強化を行うセグメントに認証スイッチとRegistGateを設置する事だけで、他のネットワークへの影響は無く、そのセグメントだけセキュリティを強化することが出来ます。

安価にセキュリティ強化
セキュリティの強化をしたい箇所のみ、認証スイッチとRegistgateの連携に変更すれば良いので安価なコストで行なえます。

無線LANの利用
無線LANでは、ビル外へ漏れた電波より不正な端末が接続してくる危険性があります。
RegistGateはこういった不正な端末からの接続を排除することが出来るため、万が一無線LANのセキュリティ設定を破られたとしても安全です。