株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】


社内LANの対策


ローカルネットワーク(LAN)からの情報漏洩が不安…
持ち込みパソコンを勝手に接続されるとセキュリティが無防備なような…
現在のパソコン利用スタイルは、オフライン型からネットワーク型へ移行して、システムおよびデータの共有が簡単に行えるように発展してきました。
この発展は情報共有と言う便利さをもたらした反面、情報漏洩やウィルス被害と言ったトラブルを生み出しました。また正規ユーザのモラルも著しく低下しているため、最近では正規ユーザによる情報漏洩事件が頻繁に発生しています。
このような問題に対して、パソコンのLAN接続時に利用ユーザとパソコンを同時に認証することで、LANに接続できるユーザ+パソコンの組み合わせを制限することができます。
認証時にポリシーチェックを行なうことで、パソコンの状態も判断できるため、様々なセキュリティソフトとの連携が行え、一層セキュリティを強化できます。
許可されたパソコンのみLANの利用を行えるようにしたい
持ち込みパソコンや未許可パソコンはLAN接続時から排除したい
許可されたパソコンでもセキュリティポリシーを満たしていないパソコンは排除したい
LANからの様々なトラブルを防ぎたい
LANの接続に対するパソコンの認証
通常はパソコンをLANに接続した瞬間からネットワークの利用が可能になります。
しかしLANにパソコンを接続してもスイッチに対して認証を行なわなければ、通信を許可しない。
このような制御を行う装置を認証スイッチといいます。
この認証スイッチを利用することで、全てのパソコンは認証なしでLANを利用することが出来ません。
未許可パソコンの接続制限
持ち込みパソコンや未許可パソコンは管理者が許可していないパソコンを示します。
こういった未許可のパソコンをLANから排除するために、許可されているパソコンは予めRegistGateに登録することで許可パソコンと未許可パソコンを識別できます。

チェックポリシーによる検疫機能
ハードウェア認証前にパソコンの状態をチェックします。
これにより、ポリシーに違反するパソコンに対して認証を許可しないためパソコンの検疫となります。
ポリシーに設定する内容で、セキュリティを強化したいポイントをそれぞれ設定できます。
他ソリューションとの連携
認証およびポリシーチェックだけでは、ネットワークに対する脅威・問題点に全て対応できません。
RegistGateは他ソリューションと組み合わせることが可能なため、強化したいポイントを別ソリューションでカバーできます。