株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】


活用シーン

SSL-VPNの普及により社外から社内ネットワークの資源を特別な環境を必要とせず自由に利用できるようになってきました。
しかし、ウィルス感染、情報漏洩を防ぐためにネットカフェまたは公共のパソコン等、意図しない不正パソコンからの接続を防止する必要があります。

社内LANではパソコンをLANに接続した瞬間から社内ネットワークの利用が可能になります。
これは持ち込みパソコン及び不正パソコンにも社内ネットワークの利用を許す事となるためウィルス感染及び情報漏洩の原因になります。このため、接続するパソコンを認証し持ち込みパソコン及び不正パソコンの接続を防止する必要があります。

無線LANを利用する事でLANケーブルの配線無しに社内ネットワークの利用が可能になるため、利便性及びコスト面から多くの企業で利用されるようになってきました。
しかし無線LANは社外(ビル外)に電波が漏れる危険性があるため、第3者がその電波を利用し社内LANへの接続を試みる可能性があります。このため、社内で利用できるパソコンを限定し、不正パソコンの接続を防止する必要があります。

本社〜拠点間のインターネットVPN接続に、IPsecではなくL2TPV3を利用する企業が増えています。
このL2TPV3の利点を利用し、本社1ヶ所にRegistGateを設置するだけで本社含み全ての拠点で持ち込みパソコンを排除するパソコン認証を行なう事が可能になります。