株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】


| 某製造会社 | 某研究所 | 某キャリア系サービス |

某キャリア系サービス

導入経緯
【ユーザ要件】
ユーザに対しインターネットを利用したセキュアなリモートアクセス環境を構築したいが、情報漏洩を考慮し、VPN装置にログインする際にはワンタイムパスワードによるユーザ認証と利用するPCを認証する端末認証を行いたい。
※当然アカウントの入力はワンタイムパスワード用の入力のみとし端末認証とVPN装置へのログインはSSOで行いたい。
ワンタイムパスワードはカード等の所持品を利用しないマトリクス認証を利用したい。
端末認証は専用ソフトを必要とせずに端末固有の情報を取得し認証する仕組みを利用したい。
VPN装置はユーザが利用し易いSSL-VPN装置を利用したい。

【導入機器】
ユーザ要件を満たす機器は次の通りです。

WisePoint(イメージングマトリクス認証)+RegistGate(端末認証)+SSL-VPN装置

WisePoint(イメージングマトリクス認証)

RegistGate(端末認証)

SSL-VPN装置
導入効果(認証スイッチとRegistGateの連携)
ワンタイムパスワードはユーザが予め定義したイメージ(動物、乗り物等)を画面から数個選択するだけで生成できるため分り易く面白いと評判である。
端末認証はアカウント入力が無く、ユーザが意識しないところで行われるので正規ユーザによる不正アクセスには非常に効果的である。
イメージングマトリクスの入力のみで端末認証、SSL-VPN装置のログインまで可能なためユーザに手間を取らせない、強固なリモートアクセス環境を構築できた。
導入イメージ(SSL-VPN装置とRegistGateの連携)