株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】

記憶による認証との連携

バイオメトリクス認証との連携
所持品の認証との連携
記憶による認証との連携

記憶による認証手段として一般的に最も利用されているパスワード認証は、デフォルトでシステムへ導入されています。
セキュリティを強化したワンタイムパスワード認証ではパスワードの表示位置が毎回変わるため、キーロガー等によるパスワード漏洩を防止できます。

万が一、ユーザアカウントが漏洩した場合に、なりすまし接続を防止する必要があります。

RegistGateを組み合わせることで、記憶による認証に加えて利用しているパソコンの認証を行います。
たとえユーザアカウント(ユーザID+パスワード)が漏洩した場合でも、悪意のある者による不正パソコンを使ったなりすまし接続は許しません。


WisePointアプライアンスモデルの特徴
NECネッツエスアイ社
イメージングマトリクスはユーザID+パスワードを入力し、画面に表示される絵文字を登録した順にクリックすることで簡単に認証できます。
ユーザが記憶するのは絵柄なので憶えやすく、絵文字の表示位置が毎回変更されるワンタイムパスワードのためパスワード漏洩を防止できます。

RegistGateと連携するメリット
接続時にランダムに変わるマトリクス表によるユーザ認証と利用するパソコンを認証するRegistGateを組み合わせる事で、ユーザとパソコンを確実に特定できるため、不正侵入を強固に防止する事ができます。

ネットワークへ接続する時に、まずWisePointにアクセスし、ユーザID+パスワードを入力します。すると画面に絵柄が表示されるので、登録した順にクリックしてユーザ゙認証を行います。ユーザ認証後は自動的にRegistGateにリダイレクトされハードウェア認証が行なわれ、本人のパソコン以外の不正な接続は排除します。