株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】

ハードウェア認証前後の動作制御


ハードウェア認証を行う前のタイミングで、クライアントの状態をチェックします。
チェックポリシー
プロセスの有無
レジストリの有無(レジストリ値)
ファイルの有無(ファイルサイズ・日付)
たとえば、RegistGateのチェックポリシーを指定プロセスがあることに設定します。
クライアントチェック結果が、チェックポリシーを満たした場合のみ認証処理を行います。


ハードウェア認証が正常に認証が行われた後に、クライアントの動作を制御します。

Webアクセス
指定のURLに接続(POST/GET)します。

コマンド実行
クライアント内のアプリケーション、およびActiveXのモジュールを起動します。

Radiusサーバ制御
RegistGate内のRadiusサーバにアカウントを作成します。

パラメータの利用
下記の情報をパラメータとしてWebアクセスコマンド実行を行えます。
【アカウント情報】 【ユーザ情報】
・ユーザID
・パスワード
・ハードウェアキー
・日付
・時刻

認証後動作によるソリューションおよび機器連携
当機を利用することで、様々なソリューションおよび機器と連携します。
連携ソリューション
WANソリューション(SSL-VPN装置との連携)
LANソリューション(認証スイッチとの連携)
ユーザ認証システムとの連携ソリューション


RegistGateは、自サーバ内にインストールされたRadiusサーバに対してアカウント制御ができます。
RegistGateサーバ
RegistGate
Radius


RegistGateはハードウェア認証後にRadiusサーバに対してアカウントを登録します。
登録されたアカウントは、RegistGateのタイマー監視により指定時間を超過すると自動的に削除されます。

アカウントが存在する間に、認証後動作機能を利用して連携装置からの認証を対応します。


ワンタイムアカウント(1回のみしか登録されないアカウント)を利用することで、アカウント漏洩なりすましログインに対するセキュリティを強化します。