株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】

ハードウェア認証までの手順


RegistGateでは、ユーザアカウント+ハードウェアキーでアカウントの管理を行っています。
一人のユーザに対して複数のハードウェアキーを登録することが可能です。

ユーザー一人でパソコンを複数台に登録できる
パソコン1台に複数のユーザーを登録できる


一台のRegistGateで複数のグループを管理できます。
会社別にグループを作成することができます。


部署別にグループを作成することができます。


グループ毎に管理できる情報
URL クライアントチェックポリシー
ユーザアカウント 認証後動作等
ハードウェア情報(ハードウェアキー)


ハードウェアキーの登録は、申請⇒承認作業で簡単に行うことができます。
ブラウザを利用するので、特別なソフトウェアをインストールする必要がありません。
1. 新規ユーザによる申請作業
ハードウェア申請サイトにアクセス、ハードウェア名を入力してハードウェアキーの申請を行う。
2. システム管理者による承認作業
申請済みのハードウェアキーをチェックして、許可対象のハードウェアキーに対し承認を行います。
3. ハードウェア認証作業
承認されたユーザはハードウェア認証サイトにアクセスし、ハードウェア認証を行う。
ハードウェア認証後は社内ネットワークへ接続することが可能となります。




RegistGateでは、用意された認証パターンの中から状況に併せて認証パターンを選択できます。
※「ユーザ認証のみ」の認証もサポートしています。

※1:グループ内で登録されている全てのパソコンに対して認証を許可します