株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】


動作環境(対応状況)

平素はRegistGateをご愛用いただき誠にありがとうございます。

「Apache Struts1」における脆弱性の影響を緩和したバージョンとして「RegistGate Ver2.3.0-3b」 を2014年4月30日に緊急リリースしました。
改良版の「RegistGate Ver2.3.0-3c」を2014年5月7日にリリースしましたのでご案内させていただきます。
Ver2.3.0以前のバージョンをお使いのお客さまへ
RegistGate Ver2.3.0より前のバージョンをお使いのお客さまはVer2.3.0以降にアップグレードされることをお勧め致します。
Ver2.3.0-3c Enterprise版   2014年5月7日 出荷
クライアント環境
対応クライアントOS bits 対応ブラウザ
Windows XP SP2
Windows XP SP3
32 Internet Explorer 6
Internet Explorer 7
Internet Explorer 8
Windows Vista SP1
Windows Vista SP2
32 Internet Explorer 7
Internet Explorer 8
Internet Explorer 9
Windows7
Windows7 SP1
32 Internet Explorer 8
Internet Explorer 9
Internet Explorer 10
Windows7
Windows7 SP1
64 Internet Explorer 8
Internet Explorer 9
Internet Explorer 10
Windows8 32 Internet Explorer 10
Windows8 64 Internet Explorer 10
サーバ環境
対応OS RedHat Enterprise Linux 5
赤色→推奨
64ビット版Windowsは32ビット互換環境(WOW64)での利用が前提であり標準のInternet Explorer
(32ビット版)に対応しています。Internet Explorer(64ビット版)には対応していません。
[動作における注意事項]
Windows 8は起動して最初に現れるタイルを並べたスタート画面「Modern UI(旧Metro UI)」と、今までのWindowsと同じ操作性を提供する「デスクトップ」の二つを持っています。
RegistGate Ver2.3.0-3cはデスクトップ版Internet Explorerのみに対応しています。
Modern UI 版(Windows ストア・アプリ版)のInternet Explorerには対応していません。

Windows XP 延長サポート期間終了

2014年4月9日でWindows XPの延長サポート期間が終了しました。
サポート終了後は、マイクロソフトによる「セキュリティ更新プログラム」などの重要なサービスが提供されなくなります。 そのままWindows XPを使い続けると、ウイルスやスパイウェアなどの悪質なプログラムによるセキュリティの脅威が急速に高まることになります。
Windows XPを搭載したパソコンが残っている企業は、サポートが終了する前にWindows 7またはWindows 8等の最新OSを搭載したパソコンへの移行が必要となります。

Windows 8 企業向け利用について

Windows 8はタッチ操作に最適化されたOSです。
外出が多いビジネスマンの方にとってWindows 8搭載のノートパソコンは、場所を選ばずどこでもタッチで簡単に使えて様々なシーンで役立ちます。超薄型・軽量で変形するとタブレットのように使うことができるタイプもあります。

営業活動における効率化
資料を使うプレゼンテーション
スピーディな顧客サービス
【保険会社での利用例】
保険会社では営業先からネットワーク経由で、社内にあるお客様に必要な情報や保険内容などをご確認頂くことができます。また資料などを事前に用意する必要がなくなり、タッチ操作画面を使ったプレゼンテーションによってスピーディに対応することができます。

【店舗での利用例】
スーパーやコンビニ、店舗などでは商品の在庫、売上実績などの情報をネットワーク経由で経営者や社員がすぐに閲覧することができます。販売促進の強化と迅速な顧客サービスが期待できます。


【工事現場での利用例】
ネットワーク経由で工事事務所に接続できるので、作業現場にいたまま工事の確認や報告書作成などの業務処理ができるようになります。また資料や図面、写真などをノートパソコンの画面に表示しながら、視覚的に分かりやすく指示することができるようになります。