株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】


| WANソリューション | LANソリューション | ユーザ認証システムとの連携 |

LANソリューション

外部からの来客・業者、または内部の社員が個人所有のパソコンを社内に持ち込み、社内LANへ不正な接続を行う場合があります。
社内LANは、ユーザアカウント(ユーザID+パスワード)さえ知っていれば誰でも接続できてしまいます。
RegistGateを認証サーバとして使用することで、あらかじめRegistGateに登録したユーザアカウント(ユーザID+パスワード)であっても異なるパソコンによる不正な接続は排除します。これにより、RegistGateに未登録の個人所有の持ち込みパソコンによる接続を防止することが可能です。


連携の際、RegistGateはApresiaの認証サーバと位置づけられます。
クライアントはLANへの接続時に、Webにてユーザアカウントを入力するだけです。
認証後はApresia経由で、社内のサーバやグループウェア等のアプリケーションを利用することができます。
※ユーザは@の操作をするのみでA〜Eまでは全て自動で行われます。


無線LANでは、ビル外へ漏れた電波より不正な端末が接続してくる危険性があります。
RegistGateはこういった不正な端末からの接続を排除することが出来るため、万が一無線LANのセキュリティ設定を破られたとしても安全です。


RegistGateは以下の機器と組合せが可能となっています。

Apresia
日立電線社
OmniStack
日本アルカテル社