株式会社エヌ・エス・アイ(NSI):パソコン認証ソリューション「RegistGate」レジストゲート
会社概要サイト 動作環境 導入実績 トップページ


【SSL-VPN装置との組合せ】



【認証スイッチとの組合せ】



【認証システムとの組合せ】


WANソリューション

SSL-VPN装置によるユーザ認証だけでは、ユーザアカウント(ユーザID+パスワード)さえ知っていれば、誰でもインターネットから本人になりすまして社内ネットワークに接続できてしまいます
SSL-VPN装置にRegistgateを組み合わせることにより、あらかじめRegistGateに登録したユーザアカウント(ユーザID+パスワード)であっても異なるパソコンによる不正な接続は排除します。
このため不正な場所からの接続や、なりすましによる接続を防止することができます。


連携の際、RegistGateはSSL-VPN装置の認証サーバと位置づけられます。
認証後はSSL-VPN装置の機能を利用して、SSL-VPNを実現します。
※ユーザは@の操作をするのみでA〜Eは全て自動で行われます。

RegistGateのユーザ認証を外部認証サーバ(Radius)と登録する事で、RegistGateに新たにユーザ情報を登録する事無く、Radiusサーバのユーザ情報を利用しユーザ認証を行なう事ができます。
これにより、Radius経由でユーザ認証が行なえるユーザ認証ソリューションと連携し、ハードウェアの特定だけでなくユーザの特定も行なえるようになります。
※ユーザは@の操作をするのみでA〜Eは全て自動で行われます。

RegistGateは以下の機器と組合せが可能となっています。
SSL-VPN装置と連携する認証後には、ほとんどのアプリケーションを利用することができます。
Firepassシリーズ
F5ネットワークスジャパン社
SecureAccessシリーズ
ジュニパーネットワークス社
MBシリーズ(モバイルIP)
NEC社
VPN3000シリーズ(IPSec)
Cisco社
SonicWALL SSL-VPN2000
SonicWALL社
arraySPX
NECネッツエスアイ社